薬剤師の世界

<敦賀原発>1号機の6年間運転延長了承へ 福井県知事ら(毎日新聞)

 3月で運転開始から40年になる日本原子力発電敦賀原発1号機(福井県敦賀市)について、福井県の西川一誠知事と敦賀市の河瀬一治市長は22日、原電の森本浩志社長をそれぞれ招き、6年間の運転延長を了承する考えを伝えた。国内初の40年を超える運転が確定した。

 敦賀1号機は今年廃炉にする計画だったが、後継の3号機の安全審査が長期化して運転開始時期が延びたため、原電は昨年9月、3号機が稼働する2016年まで運転を延長する方針を地元に伝えた。西川知事は今月、直嶋正行経経済産業相と会い、中間安全確認などの厳格な検査を3年後までに実施するよう求め、直嶋経産相も同意していた。【酒造唯、大久保陽一】

【関連ニュース】
原発:管理区域内にたばこの吸い殻 敦賀、東海第2、美浜
福井・敦賀原発:1号機の40年超運転、知事が了承
原発:禁止区域に吸い殻 08年以降に10本発見−−東海原発など
原発ミニニュース:敦賀2号機あすから定検 /福井
原発ミニニュース:敦賀2号機の空気漏れゴムシートが原因 /福井

世代問わず記憶に残る役者=「一生もん」幾つも育てる−藤田まことさん死去(時事通信)
<五輪フィギュア>高橋銅メダル、最高視聴率27%に(毎日新聞)
党首討論 政治とカネ問題に終始、内容乏しく 民主政権初(毎日新聞)
<枝野担当相>独法「国移管あり得る」(毎日新聞)
【いま、語る関西人国記】大阪国際会議場社長 萩尾千里さん(72)(産経新聞)
[PR]
by d9gpvx6nch | 2010-02-25 17:25
<< 郵政民営化の危機=自民・中川氏... 警察官夫婦、通勤中にお手柄=盗... >>