薬剤師の世界

舛添氏、外国人参政権「今の段階では反対」(産経新聞)

 新党改革の舛添要一代表は21日の記者会見で、外国人地方参政権問題について「議論を詰めていない今の段階では反対だ」と述べた。平成14年12月の参院憲法調査会では、帰化要件が厳格ならば、付与することに一定の理解を示していた。これに関連し、「コミュニティーでともに生きるためにどういう権利と責任を持つのか、きちんと議論するべきだ」と強調した。

【関連記事】
参院選の民主公約、外国人参政権など明記せず
国民新党の公約原案は「本格保守」 防衛力強化
竹島抱える隠岐の島町、外国人参政権「反対」意見書採択
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 
不法移民は住めない高額家賃の“理想郷”
中国が優等生路線に?

みんなの党・江田氏、民主・渡部氏の「誘い」否定(産経新聞)
青木氏後継に長男決定=河野氏は署名留保―自民(時事通信)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
<普天間移設>キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用(毎日新聞)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
[PR]
by d9gpvx6nch | 2010-05-28 13:16
<< 両陛下、戦没・殉職船員追悼式に... 「小沢チルドレン」首相・幹事長... >>