薬剤師の世界

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

舛添氏、外国人参政権「今の段階では反対」(産経新聞)

 新党改革の舛添要一代表は21日の記者会見で、外国人地方参政権問題について「議論を詰めていない今の段階では反対だ」と述べた。平成14年12月の参院憲法調査会では、帰化要件が厳格ならば、付与することに一定の理解を示していた。これに関連し、「コミュニティーでともに生きるためにどういう権利と責任を持つのか、きちんと議論するべきだ」と強調した。

【関連記事】
参院選の民主公約、外国人参政権など明記せず
国民新党の公約原案は「本格保守」 防衛力強化
竹島抱える隠岐の島町、外国人参政権「反対」意見書採択
「友愛」で日本は守れない 岡田外交“不作為”の意味 
不法移民は住めない高額家賃の“理想郷”
中国が優等生路線に?

みんなの党・江田氏、民主・渡部氏の「誘い」否定(産経新聞)
青木氏後継に長男決定=河野氏は署名留保―自民(時事通信)
与野党、衆院比例単独候補も解禁の対象に 参院選からネット選挙解禁(産経新聞)
<普天間移設>キャンプ・シュワブの代替施設、自衛隊も共用(毎日新聞)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
[PR]
by d9gpvx6nch | 2010-05-28 13:16

「小沢チルドレン」首相・幹事長の辞任求める(読売新聞)

 民主党の横粂勝仁衆院議員(比例南関東ブロック、当選1回)は11日、国会内で記者団に、鳩山首相と小沢幹事長の辞任を求める考えを表明した。

 横粂氏は「民主党は期待していた姿とは違った方向に、第2の自民党に近づきつつある。政治とカネと普天間(飛行場移設)の問題で、(首相と小沢氏の)2人について厳しい批判をいただいている。そこを抜きにして、民主党は生まれ変わることはできない」と述べた。

 「小沢チルドレン」とも呼ばれる民主党の1回生から執行部刷新を求める声が公然と出るのは異例だ。

NPT会合 81歳、非核の叫び 400人前に谷口さん(毎日新聞)
「αリポ酸」で震え、めまい、動悸 「サプリメント信仰」は危険(J-CASTニュース)
原爆の子 サダコの鶴NYに 9.11追悼施設に展示台(毎日新聞)
<コープかながわ>売れ残ったトンカツを冷凍し再び販売(毎日新聞)
女子高生にわいせつ 容疑の塗装工を逮捕(産経新聞)
[PR]
by d9gpvx6nch | 2010-05-12 14:09